【最強のふたり~京都府警 特別捜査班~】第7話 感想

最強のふたり~京都府警 特別捜査班~
スポンサーリンク

第7話 30日間だけの親子!? 誘拐された娘…疑惑の父が運ぶ身代金! 三つのお弁当の謎

ゲスト:篠井英介、山口まゆ、松浦雅、舟木幸

脚本:徳永富彦
監督:長尾啓司


ごめん、風邪引いたしんどい簡易。





◆年頃の女の子に食べさせるのにラーメン系料理ばかりはどうだろ。


◆夏木班長に頭を下げさせたい東雲さんは、なんかのフェチなの? 色っぽいってなんだよ色っぽいって。かまいたくなるってなんだよかまいたくなるって。
それともドSなだけ?


◆葵ちゃんが似顔絵も描ける万能キャラだった件について。


「人質としては歳を取り過ぎてる」
というセリフに、ロリ的な意味を見出した人は危ないから自覚しましょうね。


◆東映京都おなじみの家(15年前の家)。


◆ヘアピンとクリップで(古びているとはいえ)鍵を開けられるなんて、夏木班長はどんな特殊訓練をつんだんだろう……
ナイフ持った男を取り押さえられたのはいつも通り。相変わらず男より強い。


◆15年前の殺人事件、旦那さんの方はともかく、奥さんの方は完璧なるドリフコントだよな。玄関に行ってみたら頭上から落ちてきた時計で死んでましたって……普通にはぐれ死でよろしかろ。どうしてこうなった。


◆まだ生き延びるつもりの東雲さんと、褒め殺しても死なない夏木班長。どっちもどっちだよね。



久しぶりに「tkng先生」と呼ばねばならん回だった気がする。
色々詰め込みすぎて、ひとつひとつの要素に味がなかった気がするのよね。詰め込めばいいってもんでもないのよ、詰め込めばいいってもんでも。
jkいっぱいで眼福の回でした。終わり。


次回は最終回!

東雲さんの婚活相手が容疑者?
毒殺女に立ち向かえ!
「橋爪×名取 最後の事件」って、最後までこれはどうなんだろホント。


そして来たな、『科捜研の女』予告!
新撮映像なしだったが、来週はあるかな?

次回にも期待! しておりますよ!

タイトルとURLをコピーしました