【ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~】第1話 感想

ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~
スポンサーリンク

File.1 死人に口なしなんてない! 変人監察医が紐解く最期のメッセージ 転落死の美人モデルが生きている!? 右手の硬直に秘められた謎!!

ゲスト:夏菜、小野真弓、ちはる、中村靖日、湯江健幸

脚本:尾崎将也
監督:水谷俊之


初回を見る限りでは、事件モノとしてはアレだけども、掛け合いは面白いですという同枠前作の『マルホの女』と同じような評価になりますですな。

ということで、詳細は追記の向こうから。





◆最初のナレーション、戸田恵子ですよね?
やっぱりいい声してるなーと思ったです。


◆まるで少女漫画のような出会いをする秋田さんと薫子ちゃん。
しかし相武紗季というか薫子ちゃんかわいいな。私はどうもこういうウザヒロイン系が好みのようです。そのウザさがクセになる、みたいな。
そして、将来への踏み台(とまでは思ってないだろうけど)と思ってる監察医への考えも次第に変わっていくような、そんな成長物語が私は好きです。見たいです。よろしくお願いします。


◆安定の伊東四朗。彼が演じる柳田院長。緩いなぁー。伊東四朗がこの作品の緩さの半分ぐらいを担っている気すらするわ。


◆正しいインプットをしないと正しいアウトプットが出てこない人って、まあ面倒だけどいるよね。でも山下さんの「理系には多いタイプ」はどう聞いても風評被害w


◆専属?運転手とかいるのか。監察医務院ってすごいところなんだなぁ。
運転手に梶原さんって、すげー豪華キャスト。


◆新人池田刑事、薫子ちゃんに一目惚れする。
そして最初の役目は男性の股間隠し(映像的な意味で)と視聴者への説明を兼ねた説明の聞き役。と、こういう解剖シーンではお馴染みの吐き役。
おう、頑張れや。
ちなみに肋骨をハサミで切る時は「シャクッシャクッ」と音がするらしい(番組宣伝より)が、さすがにそのエピソードは出なかったかw


◆ご遺体の生命線の長さと死亡した年齢のデータを取っている秋田さん。……暇なの?
あまり関係ないが、私は生命線が二股に分かれたものが2つあって、それが繋がってます。……これ、どういう意味があるの? 手相占い的に。


◆オムライスを解剖する秋田さんを止める山下さんは、秋田さんのお母さんかなんかか。


◆よくなくない、っていいのか悪いのかどっちだよ! とキレてた某俳優さんの話を思い出す。さぁ、どっちでしょうかね。


◆利香さんCM出てたよね、って話を「テレビ見ないんで」で切り捨てるテレビドラマの主人公・秋田さん。


◆薄いのはジュースではなくお前の頭……いや、なんでもない。>マキタスポーツ
あの秋田さんの仕切りみたいなの、何?


◆今はゴールデンじゃ女性の裸の背中すらぼかさないとダメなのか!!!! 嘆かわしい!!!!!!
しかし監察医務院ってお風呂あるのか……そんなにご遺体の死臭ってすごいのか……ああ……まあ、シミなら見たことある。


◆早速亮子さんと仲良くなる薫子ちゃん。


◆安田さんと会話している秋田さんが割とイラっとしてて、「あ、この人はロボットみたいじゃなくて、ちゃんと感情あるんだなぁ」と思った次第。
「スマホと会話してろ」(要約)と熱湯がけは笑ってしまった、不覚だ。


◆普通の結婚を夢見る薫子ちゃんに現実を突きつけ、変人ばかりの職場で職場結婚を勧める柳田院長マジゆるキャラですわ。しかも勧める相手が秋田さん。仕事に真面目でちゃんと家に帰ってきそう、か。まあ確かに。
でも薫子ちゃんは「すみません、もう少し基準を上げたいんで」
お、おう。せやな。秋田さんと薫子ちゃんのラブコメもあるんか?


◆秋田さんっていうか寺脇さん、50歳超えてるのに身軽だなー。画面の端だったけどひょいっと柵の上に飛び乗ってたもんな。で、ぴょんって飛び降りてたし、身体広げて遺体が落ちた幅を計ってたのもスムーズだったし。さすがっつーかなんつーか。
しかしオバチャンの下着は派手だった。


◆確かに手帳は拾ってたけど、すぐに声をかけなかった辺り、ストーカーと言われても仕方ないのでは……>薫子ちゃん
そしてどう言いくるめて警察から秋田さんを回収したのか。そこは永遠の謎。


◆秋田さんはクリームソーダ好きなのけ? それも変人なりのこだわり? ダンスクラブに行ってもクリームソーダだもんなー。っていうか、よくクリームソーダ用意出来たよなダンスクラブ。ああいうところって大体酒ばっかりかと思ってた。


◆要するに薫子ちゃんをバカだと言いたいのか秋田さんは。
自殺する人は地面を見て飛び降りたくない、だから後ろ向きに飛び降りる、は確かにその通りだと思った。そうだよなぁ。納得。


◆やっぱり死体を相手にしてる人って変な人多いわ。なんで遺体の消化物食べたがる人多いんだ、創作物だけかもしれないけど。


◆あんみつに関する仕事の話(?)で「今の私たち、割と話が弾んでませんでした?」とか言い出す薫子ちゃんもやっぱり「普通」ではなかったか……


◆山倉刑事っていうか、いっけいの主な出番が最初の1時間で終わるなんて誰が予想したのだろうか……まあ、自殺→事故の反転じゃ警察の出しようがなかったかな。でも自殺偽装とかあったんだし、そこで出すことは……出来なかったのかなぁ。
で、渋谷の殺人事件は解決したのかしら。


◆解剖を担当した人に会いたい、で会えるものなのか、監察医に。すげーな。
中村靖日演じる田所さんの絶妙なキモさ。すぐに人の手を握るところとか、勝手に傷つくところとか。
「利香さんのストーカーをしてらしたんですか?」ってなかなか強烈な台詞だな。特に敬語なところが。


「『早く、この面倒くさい会話を終わりたい』と思ってる」
秋田さんがわかりやすいのか、薫子ちゃんの理解力と適応力がパねぇのか……


◆紙切れ1枚(いや3枚か)のために、遺産の行方で大騒動。結婚届・離婚届・遺体検案書の書類で遺産の行方が決まっちゃうものなぁ。
しかし直接監察医にまとわりつくとか、すげーバイタリティだよなこの女性2人。私なら出来ない。揺すっても引っ張りこんでも同じ。そりゃこんな女性にまとわりつかれたら、「やはり死んだ人間の方がいい」とか言い出すよ、秋田さんじゃなくても。


「そうやって(スキャンダルを)見たり話題にしたりする人が、スキャンダルを拡散する手助けをしているんです」
ああうん、ネット上の炎上な。そうな。


◆あの動画流出騒動で唯一良かったことは、田所さんが利香さんへの負の執着を断ち切れたことでしょうか。大きな誤解だけども。


◆一応、秋田さんも秋田さんなりにジョーク(らしきもの)は言うんだ。
「エロサイトでも見てた?」「バレましたか」とか。
「今晩、デートしましょう」とか。でも周りからするとジョークには聞こえないっていう。


◆果たして、運転手の久保田さんの豆知識が役立つ時は来るのか。
ピラフやチャーハンより、リゾットの方が消化速度は遅いっていう秋田さんの豆知識はもっと聞きたかったかもしれない。事件ドラマ好きとしてw


◆人から見ても明らかな好意に気づかず、はっきり「あの刑事はあなたに惚れてる」(要約)と言われても「そうですか」で流せる薫子ちゃんマジかわいいですわ。頑張れ池田刑事。


◆子どもを妊娠しているなら、タバコは辞めないとダメじゃないかなぁ由香さん。


◆で、あの動画を超解析処理したのは一体どこの誰なんだい。


「死んだ人にだって名誉はあります!」
その言葉が秋田さんの“何か”をこじ開けたようですが、それがなんなのかは今のところ不明。過去に何かあった系なのか。
「いいの? あなた。あの人の閉じてたフタを開けるみたいなことをして。私、知らないわよ~?」
山下さんは楽しそうだな。傍観者ポジでいいところ取りというかさ。


◆あれだけ遺産で揉めてた女性2人をうまく丸め込む柳田院長マジゆるキャラですわ。
「死んだ人は戻ってきません。せめて生きてる者が忘れないように、たまにはこうして話してあげるのもいいんじゃないのかな。そうすることが生きてる人にとっても幸せなことなんですよ」
でもこんないいことも言う。油断ならないゆるキャラですわ。


◆自分で足を強引にドアに挟んで閉じられないようにしておきながら「痛い痛い」って言う人、私は秋田さんが初めてです。


◆篠崎議員っていうか湯江さんの役がいつも通りの安定のクズで安心しました。不倫して子ども孕ませた挙句、自分の立場のために子を堕ろせって言って、自分の目の前で起きた事故を自殺に偽装って……


◆秋田さんの探しものに付き合ってくれる薫子ちゃんも山下さんも久保田さんもいい人。ゾウの写真はどうするんですか、秋田さん。
風で飛んでいった写真を風で発見する、ってまたベタな。
しかしあの写真をどうしてまたあのホームレスのオバチャンは取っておいたのか。売れそう(実際は人気モデルの子ども時代なので売れるかもしれないけど)でもないし。


◆だから! 動画は動画だろ! 画像って言うな!


「僕は、事実を突き止めることが好きです。でもそれは、自分の頭の中だけのことでした。どうしてこういうことになったのか……これからどうなっても知りませんよ
ということで、これから事件にクビ突っ込みますよ宣言(?)した秋田さん。まあ、多少なりともそうじゃないと話が転がらないからな。秋田さんを動かした薫子ちゃんマジ偉大。


◆後ろで見ていたのは山下さんと柳田院長。腹黒コンビか……



ひさしにぶつかったなら、その痕跡が遺体に残るんじゃあ……
その痕跡について触れなかったのはフェアじゃないと思うんだよね。あと微粒子のことにも触れてなかったしさ。
ちゃんと触れてたら、どれだけズッコケな「実は事故でした」でも素直に許したんだけどなぁとかなんとか。
まあでも、これはヒューマンコメディらしいので事件面にこだわるのはアレなのかもしれない。いつの間にビルのことや篠崎議員の後援会のことを調べてたんだよ秋田さん、とかも。

話がベタなのはいいんだけども、やはり1つの事件だけで2時間引っ張るのって相当難しいんだなぁと思った次第。これも間延びしてたしなぁ。
音楽がちょっとほのぼの系なところからしても、ゆるーく見るのが正解っぽいですな。なのであまり事件には深くツッコまない方がいいのかもしれん。
でも実は今期見ようと思ってるドラマで、密かに一番期待してるので次週以降頑張ってほしいっす。


ってなわけで次回ぃぃぃぃ!

早速殺人事件!?
謎の傷跡の正体ってなんだ!?

そんなこんなで期待! してるんだぜ!

タイトルとURLをコピーしました