秋風邪は誰がひく?

雑記
スポンサーリンク

今、FC2ブログで有料プランを1ヶ月無料体験キャンペーンやってまして、なんか手が滑って加入してしまいました。
そしたら、ものすごく快適。
ポイントはただひとつ、広告オフバンザイ!
特にスマホから見てる時の広告がすっげぇウザかったんで、それが消えてものすごく見やすくなった。
他の機能(FTPアップロード機能とか、独自ドメインとか404ページカスタマイズとか、1日の記事投稿数が100件になるとか)はおそらく使わないでしょうが、この広告オフだけでも価値あるわ。
ファイルのアップロード容量が増えたり、ブログ上にアップしておける総容量が無制限になるのもまあまあ嬉しい。
これで1年3300円、1ヶ月275円相当か……
正直、「なんでブログに金かけなきゃいけないんだよ」とは思ってましたし、今も思ってますが、3300円でここまで快適になるならアリかな……とか揺らいでます。どうしよう。






誰得2サス感想ー。
評価は
◎(名作!)
○(良作)
△(微妙)
×(ダメ)

金田一耕助VS明智小五郎

2サスかと言われると微妙なところではあるだろうけど、まあ見たので一応。
山P金田一はなんだか必要以上にアホっぽかったが、若気の至りというかなんというか、若さ故の過ち故のなんちゃらと思えば、許容範囲かなと。あと主演だし。こういう2サス風ドラマの主演は、それっぽい雰囲気、華さえあれば大体なんとかなる。
横溝正史や江戸川乱歩を再現しようとした気概は間違いなく買う。ちょっと前の土ワイとかでは、まだ金田一モノとか明智モノとかやってたよなー。懐かしい。
そんなことを思い起こさせてくれただけでも、見た価値があった。こまけぇこたぁいいんだよ。
掘り出し物は大正ロマン的世界観に馴染む武井咲。そんなに武井咲のことは知らんが、私が見た限りの現代が舞台のドラマより馴染んでる。アレだな、顔の造形がとかじゃなくて、女優としての存在感が栗山千明っぽい。ちょっと作り物がかった世界観の方が馴染むところが。
脇を遠藤要、朝加真由美、柄本時生、草村礼子、マギー、益岡徹なんていう2サス常連役者で固めてるところは硬いなーと思いました。草村礼子怖すぎぃ!
伊藤英明も、なんかカッコつけたがりなイメージがある(個人的イメージ)明智っぽいかも。
まあでも、金をかけるとそれなりにはなるが、それでもやっぱり昔の土ワイでやってた金田一や明智に比べると、強烈さが足らんな。黒焦げ死体とか首なし死体はあったけど、現代風にマイルドにされてたからな。やはり強烈なエログロあっての金田一や明智なのだな。それが許されない現代ってのは、世知辛いなあ。


検事・沢木正夫 第三の容疑者

正直、『寺脇さん主演』というだけでバイアスかかってるのかはわからんが、ごく普通の地味2サスでも良作な気がしちゃう不思議。
中間管理職じゃなく普通にカッコいいいっけい筆頭に、キャストが渋くて豪華だったがストーリー的な起伏に欠けたのが残念。まあそこそこ、って感じでしょうか。
西郷輝彦の枯れた声が、『クレヨンしんちゃん』の園長先生みたいに聞こえたよってことはメモさせておいてほしい。


森村誠一の終着駅シリーズ・悪の魂

で、国生さゆりの姫カットヅラの意味は?
話自体はダレてたけど、回想の清水美砂のエピソードの力技でアリになってたっていう。
清水美沙がレイプ男をナイフでめった刺し。その形相というかなんというか、まあとにかくめった刺しする様子がとにかく怖くて、そりゃあ益岡徹もドン引きするって話ですよ。なにあれ怖い。
しかもその時の様子を本にして、「恋文」にして共犯である益岡徹に渡すっていうアレっぷり。そりゃあ益岡徹だって脅迫されたと勘違いして殺したくなるわけですよ。なにそれ怖い。
なんで清水美沙は2サスに出ると、ヒステリックメンヘラか情念系メンヘラかで大体生き急いでるんだろうか。
国生さゆりの途中までのメンヘラっぷりとラストの浄化っぷりも印象的。やっぱり女って怖いね(結論)。
益岡さんが犯人役っていうの、最近の2サスじゃ珍しいんじゃなかろか。





『コントの劇場』9月号。マドンナは羽田美智子。ゲストは佐野史郎、中川晃教。
今回は楽屋裏もそこそこあって、コントも5本立てで嬉しかったな。
天然ボケの羽田美智子の破壊力と、(基本的に)胡散臭くなくコントをやる佐野史郎の珍しさ。
しかし、なんか楽屋裏でのトーク部分での佐野史郎と三宅裕司が、微妙に噛み合ってないというか佐野史郎が微妙に遠慮してた感じがあったんだが私の気のせいか? 佐野史郎が緊張してたから? コントの演技はキレキレだったんだけどな。

『不思議の森』
佐野史郎の吹っ飛び落ちっぷりと女神・羽田美智子を楽しむ回。女神の持ってる杖が絶妙に安っぽくていいなw
「お前が今、池に落としたのは、金の佐野か? 銀の佐野か? 普通の佐野か?」という台詞の破壊力。
あと金の佐野の破壊力。きんきらきんの佐野史郎がにこやかに舞台に上がるんだぜ……
佐野「今まで生きてきて、『金』だの『銀』だの『普通』だのなんて言われるなんて思ってもみなかった」
三宅裕司に懐いてはしゃぐアホの子分佐野史郎がなんか、こう、かわいい。
楽屋裏で歌の歌詞を間違えたことを羽田さんに暴露される中川さんカワイソスw
楽屋裏での羽田さんの「佐野さんが、佐野さんなんですよ!」の破壊力もなかなか。


『新人マネージャー』
ほぼ全てのボケがミュージカル絡みっていう制約が面白かった。
「ミュージカル行きたい願望」に火をつけてくれたコント。ミュージカルとか舞台とか、暇と金があれば入り浸りたい。
中川・羽田・小倉の3人が『ウェスト・サイド・ストーリー』の真似するシーン、小倉さんだけ動きがぎこちなかったなw 歳の差か。
しかし、羽田美智子をドツいて許されるのは三宅裕司だけか。


『主婦 美智子』
ツッコミが子分から店長に切り替わるところが結構目新しかったかも。でも途中から、割とありがちな人質コントになっちゃったなぁ。ある意味、二部構成だった。
ナイフの刃の部分を握っちゃった羽田さん可愛い。
つまり今回のコントの結論は、BBA結婚してくれ! でいいのかしら。
舞台裏では、二人芝居で努力と工夫(台本を上手く舞台上に配置して)危機を乗り越える佐野史郎の話とか、衣装がボタンに絡んじゃって、離れなきゃいけないのにくっついていってしまい「どうしたかその先の記憶が無いんです」っていう羽田さんの話とか。で、本当に一体どうなったんだべか。


『マンションの鍵返します』
よ……よしもと新喜劇?
夫婦でワンルーム……? それが2LDK……?
そしてフリークライミングができてジャングルもできて……?
結局、佐野史郎は元奥さんを殺した殺人犯なのか。あの赤い照明に照らされる佐野史郎の不気味さ。なんという当て書き……!
最後にボケとツッコミが反転するのは面白い。
楽屋裏での中川さんの「生きていくって大変ですよね」という謎の結論と、衣装に似合いっぷりが面白い。
『不思議の森』の女神は勿論、羽田さんの当て書き。「ちょっとぼーっとしてないとできない」(by三宅裕司)。


『かぶきもの』
自己主張の激しいマイナー有名人にそろそろと距離を取りつつ、失礼のないように相手をおだてようとする佐野史郎が面白かった。それにズケズケとツッコんでいく中川青年も。


個人的に感じた面白さとしては、『不思議の森』『マンションの鍵返します』『主婦 美智子』『新人マネージャー』『かぶきもの』でしょうか。
中川青年のまとめが面白かったな。でもいいこと言ってた。いい人なんだな。
羽田「私は三宅さんの舞台を何度も拝見してて、『あそこの舞台に立てたらどんなに楽しいだろう、素敵だろう』って思ってたんですけど、やるのはまた大違いで。間の掴みとかが、やっぱテレビとは全然違う。あっ、全然っていうんじゃないんですけどね
三宅「惹きつけといてばーんと落とすよね!」
羽田「すいません、正直者なんです」
三宅「なんか、何杯か飲んだ後みたい!」
羽田「よく言われます」
それぐらいほわほわしてるってことか。天然ボケ羽田美智子怖い。くりぃむしちゅー上田に「俺、一番独特なの、この方(羽田さん)だと思うよ!」とまで言われるしな。
うむ、面白かった。

次回は10月25日の夜10時から。
マドンナは我らが風丘先生こと若村麻由美、ゲストは北村有起哉と戸次重幸。よし、次回も見なくちゃな。
っていうか、今までは次回の映像が出てたりしてたが、三宅裕司と小倉さんが次回番宣してるのは初めて見た。





再放送、『文書鑑定の女』第一作目。
羽田美智子さん主演で石黒賢が相棒役で脚本が櫻井武晴さんの土ワイのアレ。
2002年放送分なので、10年以上前か……羽田さんが若ぇ。でも黄色っぽい茶髪は似合わないよなー。黒っぽい髪のが似合うよね。あと、眼鏡をかけてないのが残念でした。三作目とかではかけてたよね。
っつーか、レザー多めのコーデといい、メイクといい髪型といい、2002年放送のくせして90年代っぽい佇まいでしたな。これはいくら2002年放送でも古臭いんじゃなかろか。土ワイだからでしょうか。
でもロングヘアは可愛かったな。今の短めの髪も可愛いけど。
羽田さん演じる小山内さんは……アレだな、ぶりっ子BBAだな。BBA結婚してくれ! 上記のように、微妙にファッションが古臭いので余計にぶりっ子に見える。それとも、2002年当時のファッションってあんなもんだったっけか?
石黒賢演じる城戸さんは可愛いな。主人公の小山内さんに対する対応(特に終盤)が惚れた女にちょっかいかける男の子みたいだぞ。お前、いくつだよ。
古尾谷雅人がいて涙を禁じ得ない。
ゲストの神保さんが、殺され役でもなければ殺人犯でもない。貴重な2サス。

話は……うーん。主役コンビの掛け合いと、科捜研内のコントとかは面白かった。
あとは……なんかピンと来なかった。すまん。





今度の火曜日から10月とか嘘だろオイ。
いや、『科捜研』始まるから嬉しいんだけど!
なんか時の流れがおかしい気がする。
なんなんだべかね。

で、来週はBSでちょこちょこ面白そうな2サス再放送があるみたいなので、忘れてなければ録画しようと思います。

9月30日(月)の10時~11時55分の間、BS-TBSで『早乙女千春の添乗報告書』の第一作目をやる。
名取さんと蟹江さんのコンビのヤツ。あれ、もう続編ないんだべかね。萬田久子がバスガイドでまかり通るなら、そして京都の葬儀屋と医者のカップルが未だフィアンセでまかり通るなら、早乙女さんだって別に運命の王子様探しやってても構わんと思うんだけどね。

羽田さんと帝王船越が共演する『実況中継された連続殺人!覗く女』が10月1日(火)の11時59分~13時54分に再放送。
見たことないけど、確か羽田さんが感情のない警察官とかでメンヘラチックな役なんだったか。

10月3日(木)の19時~20時54分、BS-TBSにて『追跡~失踪人捜査官・石森新次郎』をやる。
内藤さん主演のヤツだぁね。俺たちの容莉枝が内藤さんの奥さんだったけど自殺しちゃったとかいうヤツ。加藤貴子(当時はたか子か?)も出るよ!

録画出来てますように。





つい最近も同じこと言った気がするんだけど、風邪ひいた。
今回は声が出なくなるとかはなかったんですが、熱が出てます。自分の体調管理の出来なさ加減に失笑を禁じ得ない。いくら最近の寒暖差が激しいからって、ちょっとこれは。
おそらくは日頃の行いのせいだと思って自戒しますので、皆様は是非「ざまぁみろ」と思ってやっといてください。



タイトルとURLをコピーしました